赤ちゃんマッサージのやり方サイトマップ

赤ちゃんマッサージのやり方サイトマップ

  • 赤ちゃんマッサージの準備
    赤ちゃんマッサージをするには、部屋の温度に気をつけましょう。そして、リラックスするような雰囲気を作ってください。
  • 「おわりますよー」の合図
    「お疲れさま」、「ありがとう」と気持ちを込めて終わりの合図のマッサージをしましょう。そして、言葉に出していってみましょう。
  • 背中を軽くたたきましょう
    タッピングやカッピングは、マッサージとはひと味違い,皮膚、筋肉、神経系への刺激を与えるのに大変効果的です.
  • 背中のマッサージ
    背中には、内臓につながるすべてのツボが集中しているので、やさしい刺激で、免疫力がつき、活力がついて赤ちゃんの生命力が高められます。
  • 頭のマッサージ
    脳が発育するにしたがって、頭はどんどん大きくなっていきます。頭皮をマッサージして脳の発育を助けましょう.
  • 耳のマッサージ
    耳は身体のバランスと密接に関係しています。なので、赤ちゃんの耳をやわらかくマッサージしてリラックスさせてあげましょう。
  • 顔のマッサージ
    顔のマッサージは、最初は嫌がる赤ちゃんが多いので、嫌がったら無理をせず、抱っこしてあげましょう。
  • 手首の回転運動
    もう片方の手の親指を赤ちゃんに握らせるようにし手の甲の方を手のひらで包むように持ち赤ちゃんの手首をやさしく回転させます
  • 手の指と甲のマッサージ
    赤ちゃんの指を付け根から指先にかけて軽くつまみ、両手で赤ちゃんの手を持ち両手の親指のハラで赤ちゃんの甲をマッサージしましょう
  • 手のひらマッサージ
    手のひらのマッサージは、脳細胞への刺激になるので、赤ちゃんにとっては脳の発達に大変よい影響をあたえると考えられます。
  • 肩から手首へスルリ
    新生児の場合、誕生の瞬間の強い緊張が腕の筋肉に残っているので、やさしくマッサージしてときほぐしてあげましょう。
  • 胸を左右にスルリ
    胸のマッサージは、赤ちゃんの呼吸を深める効果があり、呼吸が深くなると赤ちゃんは情緒が安定し眠りが深くなります。
  • お腹をクルクル
    お腹をクルクルのマッサージは、他のお腹に行うマッサージと同じように胃腸の働きをよくし、ガスや便秘を解消します
  • お腹をゆらゆら
    赤ちゃんのお腹の部分を揺らして間接的に内臓をマッサージすることになるので、胃腸の働きをやさしく刺激し、お腹の調子が良くなります
  • 脇からお腹へスルリ
    手を赤ちゃんの左右脇の下に入れ,脇の下からりおへその下あたりで手を合わせるように動かします。軽いタッチでなでるようにがポイントです。
  • 脚のストレッチ
    脚のマッサージをひととおり済ませたら、両脚一緒にストレッチをして整えてあげます。なぜならば、体をリラックスさせるためです。
  • 脚をすりすり
    赤ちゃん・子どもの睡眠は、体の成長や脳の発育に大きく関わっていて、赤ちゃん・子どもの時期によい睡眠環境を与えてあげることが大切です。
  • 足首の回転運動
    片方の手で赤ちゃんの足首を軽く持ち、もう片方の手で足先を持って足首を軽く回します。この運動は、血液の循環をよくします。
  • 足の甲のマッサージ
    ベビーマッサージは、足の甲に施すもの、脚のつけ根に施すもの、腋の下に施すものなどは、リンパ系によい影響を与えます。
  • 足指のマッサージ
    足の指には、運動神経と、感覚神経という末梢神経系集中しています。足の指を刺激すると脳の発達を促すようになります。
  • 足裏のマッサージ
    足の裏には、全身の神経が集中しています。いわゆる足ツボというのでしょうか。ですから、足の裏のマッサージは全身に良い影響があります。
  • 脚のマッサージ
    脚の外側からマッサージを行います。そして、脚の内側へとマッサージを行っていきます。そのとき、手のひらの柔らかいところを使いましょう。
  • 「はじめるよ~」の合図
    赤ちゃんに今から「マッサージをはじめるよ」と知らせるための合図。両手のひら全体で、頭の先からつま先までゆっくりと軽くすべらせます。
  • 手の使い方
    マッサージに使用する手の使い方には、さまざまな方法があります。その中のいくつかをご紹介いたしましょう。
  • マッサージの姿勢
    マッサージをする方法ですが、必ず寝かせて行わないといけないということはないので、膝の上で抱っこしたりして行うのもいいでしょう。
  • オイルについて
    オイルを使う目的は、肌の摩擦を避けるためと、赤ちゃんの肌の上で手を動かすために使用します。使用しなくても、マッサージはできます。
  • 環境づくり
    赤ちゃんもお母さんもリラックスしてマッサージをするために、環境を整えましょう。場所は、一番リラックスできる場所にしましょう。
  • ふれあうことでコミュニケーション
    毎日、マッサージを行っていると、赤ちゃんの健康状態や成長の様子がわかります。すると、赤ちゃんの気持ちまで理解できるようになるのです。
  • 幸福感に満たされた赤ちゃんに
    赤ちゃんは、マッサージをすれば気持ちが落ち着き、やすらぎます。マッサージは、ホルモンの分泌を促し、満足感、幸福感をもたらします。
  • お腹の調子を整えましょう
    マッサージの心地よい感触は、内臓の発育を助けます。胃腸の働きが活発になり消化吸収機能が高まります。
  • 運動機能を高めましょう
    ベビーマッサージは、脳・神経系統の発達をより促進させることが出来るということ、そして、脳・神経系統の発達は、身体の他の器官を成長させます。
  • 夜泣き対策にも
    夜泣きにも、ベビーマッサージがとても効果的です。身体的には内分泌を促し、心も安定させるので、赤ちゃんがぐっすりと良く眠るようになります。
  • 子育てに自信とゆとりを
    赤ちゃんの体調、心や感情がちゃんと分かるようになれば、母親は安心とゆとりをもって赤ちゃんに接することができます。
  • 親子の絆を深めましょう
    赤ちゃんにとって、触れ合うことがコミュニケーションであり、親子の絆で、子どもの心が健やかに育っていきます。
  • ベビーマッサージは心の栄養
    ベビーマッサージは、やさしい皮膚への刺激が神経系統に働きかけて、間接的に脳に良い刺激を与えます。
  • 赤ちゃんには頬ずりをしたい
    赤ちゃんは、抱っこされたり、頬ずりされたり、やさしく愛撫されて育てられてきました。それは、人間の本能から来るものです。
  • 子供と母親がいつも一緒なら
    母子のコミュニケーションがよい環境で育った子どもたちは、身体の成長もよく、精神的な成長もしっかりしているようです。
  • 心は愛を栄養にして育つ
    ベビーマッサージのような愛情のこもったスキンシップは、愛情を心の栄養にするためのとてもよい方法なのです。
  • 小さな赤ちゃんでもいろいろな感情がある
    乳児・新生児は、感情がないように思われがちですが。大人と同じように様々な感情が、赤ちゃんの心の中にもあります。
  • 心をめぐる昨今の問題
    凶悪犯罪や問題行動の増加は、新生児・幼児期に親子がお互いに体温を感じる肌のふれあいを見失ってきたことと無関係ではないようです。