夜泣き対策にものページを説明

夜泣き対策にも

夜泣きといっても、はっきりと定義をしておかないといけないでしょう。

生まれて1ヶ月くらいまでは、赤ちゃんは昼夜の区別がつかず、お母さんのお腹の中にいた時と同じリズムで眠ったり起きたりして、泣いたりおっぱいを欲しがったりします。 この時期に夜中に泣くからといって、夜泣きには該当しないでしょう。

2ヶ月から3ヶ月経った頃には昼夜の区別がつきだして、朝起きて、夜は眠るというリズムが出来てきます。といっても、親が夜型の生活をしていて、赤ちゃんもそれに付きあわされていると、当然、赤ちゃんも夜型になります。

また、夜に眠るようになるといっても、離乳するまでは、夜中におっぱいが欲しくなって泣きます。 おっぱいを飲んだら泣きやんで、また眠るのだったらこれも夜泣きには該当しないでしょう。

何かの原因で、赤ちゃんの眠りのリズムが狂ってしまい、夜なかなか眠らずに、朝遅くや昼まで眠ってしまったり、夜中に、おっぱいを欲しがる以外でよく泣いたりするようなことを夜泣きと言います


夜泣きの原因は、まだ、はっきりとは解明されていません。胃腸の不快感や痛み、または、ガスなどが原因と言う説もあります

夜泣きには、ベビーマッサージがとても効果的です。 身体的には内分泌を促し、心を安定させるので、赤ちゃんがぐっすりと良く眠るようになります。

お母さんが体調が悪いとき、イライラしていたりするときには、赤ちゃんにも影響して、夜泣きが出たりするものです。 そのような時は、いっそお父さんに赤ちゃんの世話・マッサージを任せてしまうというのも手です。

Sponsored Link