環境づくりのページを説明

環境づくり

環境づくりは、大切です。赤ちゃんもお母さんもリラックスしてマッサージ出来ないといけません。あわただしい中でサッと済ませるということでなく、赤ちゃんとゆったりとしたひと時が過ごせる様な環境づくりが必要です。

まず、始める時期ですが、誕生直後の新生児から始めることが出来ます。 でも、まだ首がすわっていない時期は、やさしくなでる類のマッサージに止め、無理な体勢にならないように十分注意してください。エクササイズ(体操)は首がすわってからにしましょう。

次に、場所を決めましょう。家の中で一番リラックスできる場所を用意します。清潔で、静かな所が良いですね。

強い光のある場所は避けます。室内の空気は新鮮にするようにしましょう。寒いときは室内を暖めてから、暑いときには風通しを良くするなど、体を冷やしたり、汗をかき過ぎたりしないように室内温度を整えます。

赤ちゃんの周りを自由に動き回れるように、床に直接布団か座布団を敷きます。その上に清潔なバスタオルかシーツを広げ、その上に赤ちゃんを寝かせて、マッサージを行う人も床に座りましょう

タオルやおむつも余分に用意しておくとよいですよ。赤ちゃんもリラックスするとおしっこが出たり、ウンチが出たりします。

タオルは折りたたんでそっと体を支えるように使うことも出来ます。クッションなども用意しておくと便利ですよ。

マッサージは、お母さんやお父さんをはじめお祖母ちゃん、お祖父ちゃん、家族の誰がやっても良いですよ。基本は、触れ合って行うコミュニケーションなのですから。

Sponsored Link