お腹をクルクルのページを説明

お腹をクルクル

まだマッサージに慣れていない赤ちゃんや小さな赤ちゃんにこのマッサージを行う場合には、片手で軽く赤ちゃんの身体を支え、もう片方の手でお腹を時計まわりにさすります。ひとさし指、中指、薬指の三本指のハラで行ってください。

大きな赤ちゃんに行う場合は、左右の手を使います。やはり、ひとさし指、中指、薬指の三本指のハラで行います。左右の手を交互に時計まわりに動かします。お腹のマッサージは、気をつけてやさしく行ってください。特におへそには触れないようにしましょう

「お腹をクルクル」のマッサージは、他のお腹に行うマッサージと同じように胃腸の働きをよくし、ガスや便秘を解消します。

ゲップやミルクをもどした時に行うと赤ちゃんの不快感が軽くなりますよ。もどした時は、少し落ち着いてから行ってください。もどした直後に行うと、刺激してかえって不快感を増すことがありますから。

赤ちゃんは、お腹の調子が良くなると眠りが深くなり、夜泣きがなくなります。

夜中に赤ちゃんが泣くことを「夜泣き」と思っていませんか。授乳の間隔が短い頃は、夜中にお腹がすけば泣きますよね。でも、これは「夜泣き」ではありません。

原因がないのに夜中に急に泣き出して、泣き止まないのが「夜泣き」です。続く時間や時間帯はそれぞれで、大きな声で泣く赤ちゃんもいれば、ぐずぐずと泣く赤ちゃんもいます。泣き出すとなかなか寝付きません。

生後6ヶ月から8ヶ月頃になると夜泣きに悩むママ・パパが多くなります。 夜泣きは、赤ちゃんの断続的だった睡眠が、少しずつまとまってくる段階での一過程らしいです。

Sponsored Link