背中を軽くたたきましょうのページを説明

背中を軽くたたきましょう

タッピング、カッピングという手法を用います。

タッピングというのは、小さい子に用います。三本指(ひとさし指、中指、薬指)の指先でポンポンと軽くたたきます。カッピングは、大きい子に用います。手のひらを丸めてカップ状にしてポンポンと軽くたたくことをいいます。

タッピングやカッピングは、マッサージとはひと味違います。皮膚、筋肉、神経系への刺激を与えるのに大変効果的です。歌をうたいながらリズムをつけてやるといいですよ。

赤ちゃんもここちよく、リラックスできるでしょう。

タッピング、カッピングで背中全体をポンポンと軽くたたきましょう。ベビーマッサージを行うときは、爪を短くして手入れをしておくことが大事ですが、タッピング、カッピングを行うときは特に爪の手入れを入念にしておかないと、大切な赤ちゃんの皮膚を傷つけてしまう恐れがありますから気をつけましょう。

ベビーマッサージに慣れたら、大人のマッサージも経験してみるのもいいかもしれません。ベビーマッサージの時に感じるような癒される感覚が、してもらう時にはもちろん、してあげる時にも感じるらしいですよ。

気持ちをこめてマッサージしていると、手や身体が暖かくなって幸福な気持ちに。

ベビーマッサージの教室、集会で講師を担当される方は、マッサージもベビー向けのものだけでなく、勉強されている方が多いようですので、そちらの方にも興味がある方は、相談されるとよいでしょう。大人のマッサージも単に、筋肉をほぐすだけではないようですね。

Sponsored Link