お腹の調子を整えましょうのページを説明

お腹の調子を整えましょう

マッサージの心地よい感触は、内臓の発育を助けます。

胃腸の働きが活発になり消化吸収機能が高まります。消化機能が高まるのでお腹の不快感やガスによるご機嫌斜めが少なくなり、下痢や便秘にも効果があります。循環器系の発達もうながされ、血行がよくなり、細胞の隅々まで栄養が行き渡ります。

リラックスすることで解毒力、抵抗力にも良い影響をあたえ、さらにリンパ系への働きかけで免疫力にも良い影響があります。

アトピー治療にも皮膚接触は用いられています。 アトピーは赤ちゃんのときの母親や家族との皮膚接触の不足が原因という説もあり、マッサージによるふれあいは、赤ちゃんの皮膚を丈夫なものにしてくれます。


また、ベビーマッサージは、赤ちゃんの呼吸が深くなるように作用します。人間は、呼吸が浅いと、感覚や感性が鈍くなり、情緒不安や無気力になります。生まれたばかりの赤ちゃんも例外ではありません。

成人では、呼吸で体内に取り込まれた酸素の四分の一が頭部に使用され、幼児では、半分が脳へ送られるそうです。脳の活動・発達に、酸素は必要不可欠なのです。

脳や神経が勢いよく発達している乳幼児期に呼吸が深ければ、頭脳の成長によい影響をもたらすでしょう。 そして、赤ちゃんは、身体のさまざまな部分に触れられて、自分の身体の感触を実感し、感触を実感することで、感覚や感性がより磨かれるのです。

この身体感覚というのは、大事なことで、自分の手足、その他の身体のあらゆる部分が、今、どのような状態にあるか、感覚的にも意識的にも分かるということなのです。手足が緊張している、弛緩しているというようなことが、ちゃんと認識できることはとても大事なことなのです。

Sponsored Link